FXとは為替差益を得る取引として人気の投資です。
レバレッジを利かせる事で少ない金額で大きな金額の取引が出来ます。
取引時間も長い為インターネットで夜中でも取引が出来ます。
しかし、私は数年前にこのFXで失敗をしました。
当時為替が急下落した事がありました。
それも、ほんの一瞬の事で、数時間後にはかなり値を戻したのですが、当時レバレッジを取り扱いのFX業者で設定されている最大の割合で外貨を買っていたので、急な下落に資金が持ち応える事が出来ずに、強制決済となりました。
その出来事は、日本時間では夜中の事で、心配をしながら床に着き朝目覚めて取引画面を見た時に一瞬自分の目を疑いました。
それは資金の残高が0円になっていたからです。
後から反省をしたことは、まだ損失が少ない時に諦めて損切りをしてしまえば良かったという事でした。
もう少し待っていれば、また値が戻ってくるという希望的観測で売るのを躊躇している間に、ある理由により急下落をしてしまいました。
その時にわかったことは欲張ると返って損をするということでした。